樫木裕美カーヴィーダンスからの切り替えコンブチャ

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%881

樫木裕美がテレビに出まくっていた時に話題性だけでカーヴィーダンスに飛びつきました。

1000円でDVD付きの本を買えるのは手を出しやすかったのです。

過去にコアリズムやビリーズブートキャンプのDVDを買った事がありましたが、キツすぎて1枚やりきる前に挫折していました。

上記2作に比べれば安い買い物だったのです。

 

早速プレイヤーで再生、適当ながらも体を動かしてみました。

まぁなんと簡単なんでしょう。軽いストレッチの延長のようだと感じました。

コアリズムのテクニック重視な動きみたいなのはひとつもないし、ビリーズブートキャンプみたいな何回も繰り返すハードな動きもりません。

そして何より日本人講師の解説なので聞き取りやすい!ひとつのワークも10分ほどで終わるので体力がいらない!本当に痩せるの?と思いましたがとりあえず一日目は終えました。

 

翌日、少し打ち身のような軽い筋肉痛が腰周りにありました。

カーヴィーダンスは全然激しくないし、筋肉痛自体も軽かったのでその日も適当な感じでしたがワークをすべて終えました。

毎日昼食前の日課として1週間、続けてみました。

同じ事を繰り返していたので飽きてきたなぁと思い出した8日目、メジャーでウエストを測ってみると…。なんと6.5cmウエストが減っていました!

この数値は元々肉付きが良かったせいもあると思うのですが、適当にしかやっていなかったと思っていたのですごく嬉しかったです。

 

毎日続けるのを一ヶ月継続しました。そしてその後流石に飽きたので週3に減らし、今ではこれまた話題性だけでコンブチャを飲んでいます。

そのお陰もあってか-6.5cmはキープされています。

コンブチャを飲んでからは健康と美容をフォローしている感覚で、体調もよくとても満足しています。

 

コンブチャは自宅で自作できるのですが作るのが面倒なので私はコンブチャを買っています。
⇒そのコンブチャがこちら。

ダイエットが長続きしない人や健康に気をつかっている人にもおすすめです。

最近、幼稚園の先生が話した忘れられない言葉とは・・・

幼稚園

私には5歳息子と3歳娘の2人の子供がいます。

息子は幼稚園年長さんで、娘は4月から息子が通園する幼稚園の未就園児クラスに入会して、週1回楽しく通っています。

このクラスに入会したきっかけは、娘に同年代のお友達ができたらと思ったことと、入園前に幼稚園に少しでも慣れていたら入園後の集団生活や保育時間がスムーズに進めたらいいなという思いがあったことです。

 

というのは、息子が3歳の時は入会していませんでした。

この街に引っ越してきたのが、娘を妊娠7カ月の時で、その2か月後には里帰り出産をするため数か月は自宅に帰らないので、入会することは断念しました。

里帰りするまでは息子と毎日をのんびりと過ごし、体調が良い時は買い物や子育て支援センターに行ってみたりもしていました。

 

しかし、この判断が息子には良くなかったと思いました。

繊細な息子は人見知りが激しくなり、私と離れることができなくなりました。

私の友人や仲良くなったご近所さんのお家を訪問しても、話せず遊べず飲食もできず。

公園でも知らない子供が遊びに来たら、遊ぶことができなくなり、帰っていました。

そして、入園して初日は幼稚園から帰ってきてからシクシクと玄関で泣いていました。

 

幼稚園3年目の今は心身ともに逞しくなり、毎日楽しく通園していますが、3歳の時の息子のことがとても心配でした。

そうならないよう、娘には入会させようと決めたのです。

それが娘にはとても良くて、お迎えに行くと毎回楽しく今日何をしたのか嬉しそうに話してくれます。

成長も見られ、おむつを卒業することもできました。

 

また私にもいいことが。たった1時間半ですが、子供と少し離れる時間ができたことで私もリフレッシュができます。

今、新居を計画中なんです。ZEH(ゼッチ)という聞きなれない言葉を聞いてきて、現在勉強中です。

一生の買い物なんで、絶対失敗したくないので、空いた時間でとにかく検索です。

今、知りたかったドンピシャの記事発見!
ZEHって知ってます?ZEHと太陽光発電の関係性

これも、幼稚園で子供が頑張ってくれてるからですね。ママ友さんもできました。

 

そして、ベテラン先生方の対応が素晴らしくて、感謝の気持ちでいっぱいです。

最近、先生の話した忘れられない言葉は「人はどうしても他人と比べてしまう生き物なのです。他の子供と自分の子供を比べるのではなく、自分の子供の過去と比べてみてください。何ができるようになったか成長したか、見てあげてください。」と。

心に突き刺さりました。3歳の息子を育てている私に、伝えに行きたい名言。ここの幼稚園を選んで良かったと、心から思いました。